【公式】PM工法(既製杭精度管理システム) > 作業工程

Flow作業工程

PM工法の流れ

杭芯棒のWチェック

掘削前に杭心棒のwチェックすることで位置精度の向上に繋がります。

掘削状況の相番測量

対象物が動いていても測量可能ですので施工精度・生産性の向上に繋がります。

杭建込みの相番測量

地中障害発生により偏芯箇所が掘削段階で数値管理行える事で次工程への早期対応が可能になり施工能率の向上に繋がります。

杭頭レベル測量

これまで困難とされていた数値管理が可能です。

一本毎に報告書作成し提出

国の指針に当てはまる報告書を杭一本毎に提出

PM工法の管理項目

作業項目 管理項目 管理値
杭芯確認 杭芯位置 X5mm・Y5mm以内
※20㎜以内修正、50㎜以内杭芯棒打ち替え、50㎜以上は管理者・元請職員に報告、図面変更が無いか確認。
掘削相伴 掘削位置 X30mm・Y30mm以内
掘削傾斜角度 1/300=0.19度以内
杭建て込み相伴 建て込み位置 1/300=0.19度以内
建て込み傾斜角度 1/200=0.28度以内
杭沈設相伴 沈設位置 1/200=0.28度以内
沈設傾斜角度 1/300=0.19度以内